本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3663-9300

〒103-0011 東京都中央区日本橋大伝馬町14-8

歯を残すための治療の実際

通常歯科医院では歯を残そうと治療しています。にもかかわらず「歯を抜かれた。」とか「あの時抜かなければ良かった。」など患者さんの不満を聞くことは少なくありません。

ここにはインフォームドコンセントの不徹底や説明不足も関係すると思われますが、歯科医が思っている以上に患者さんの歯を残したいと思う気持ちが強いということだと思います

ここではそんな患者さんの思いに応えるべく、一般的には「抜歯」と宣告されるような状態の歯の治療を紹介します

破折歯(ひび割れたり破折した歯)の治療

施設写真
治療は破折した部分やヒビの感染部分を取り除き分離しないように接着封鎖するすることが求められます。しかしヒビに接着剤を流しても破折内部に浸透することはなく、裂けてしまった場合には唾液や血液が存在する口の中では接着材を流しても接着しません。そのため破折した歯はほとんどの場合抜歯されています。

当院では治療の困難な破折歯の治療としてヒビから感染した部分を特殊な器具により取り除いた後接着剤を流し込んだり、いったん抜歯したうえで破折歯を口の外で接着し、また元あった場所に植え戻す治療を行っております
 
抜歯した破折歯。根の先に膿のたまった袋(嚢胞)がついてきました


  
破折面の汚染、感染部分を除去、きれいな状態にします。
 
破折した歯を接着しました。 この状態で元の場所に植え戻します。


破折治療,
再植治療は自費治療となります。
治療時間は1〜3時間、
費用   80.000〜150.000円(税別)
歯の種類、破折の状態によって異なります。


歯根に困難な問題のある歯の治療

機器写真

現在作成中。









重度の歯周病の治療


このページの先頭へ
現在作成中





歯の神経を残す治療

虫歯の治療で歯の神経を抜く治療(抜髄)をうけた方は多いのではないでしょうか。
現在作成中


岩並歯科医院

〒103-0011
東京都中央区日本橋大伝馬町14-8
TEL 03-3663-9300